埼玉の父・手相占い

 

 手相占いは、占いの中でもとても人気のある占いです。占いが好きな人は自分の手相を見て手相占いをされた人もいることでしょう。

 

 埼玉県さいたま市の永友殖産易断室にも占い師埼玉の父に手相を占ってほしい方がたくさん訪れています。

 

 埼玉県内には数多くの占い師がおりますが、永友殖産易断室の占い師「埼玉の父」の手相占いは、この道30年以上の実績があり、おすすめの占い師の一人です。「当たっていた」「自分の運勢がわかってよかった」などの声が多数。

 

 

手のひらの線や膨らみを見て気質や運勢を判断

 

 ご存知の方も多いと思いますが、手相占いとは、「手のひらに刻まれた線」や「丘のふくらみ」を見て「性格」や「才能」「健康状態」「運勢」を判断する占いです。

 

 右手、左手ごとに異なった線やふくらみになっていることが多く、その人の気質を表しています。手相をみることでその人の過去、現在、未来を判断できます。

 

 占い師にもよりますが、手相を見る時は、両手を見て総合的に判断するのがよいとされています。なぜなら、一般的に「利き手」は後天的な運勢(現在、未来)や対外的な性格を表し、「利き手ではない手」は、その人がもともと持っている性質や本性、先天的な運勢(過去)を表すと言われているからです。

 

 手相にはさまざまな線があります。「結婚線」や「財運線」「知能線」「感情線」「運命線」などはご存知の方もいるのではないでしょうか。そうした線を見ながら、恋愛や結婚、金運、性格の傾向などを占えます。また、手相には「ますかけ線」や「神秘十字線」など、珍しい手相の人もいます。

 

 実は手相占いでは、手の大きさや厚さ、硬さ、指や爪の形状などの状態からもその人の気質を判断することができます。手のひらの線やふくらみ以外でもその人の気質や性格などを読み取ることができます。

 

 なお、手相というのは常に変化をしています。占うタイミングによって手相が変わってくる場合もあります。手相の変化はその人に向けられたメッセージでもあります。手相占いを上手に活用して、より良い人生を歩んでほしいと思います。

 

 なお、自分の手相を良い方向へ導きやすくするための手相を修正する方法(手相修正)もあります。

 

 手相占いに興味のある方は、ご予約の上、ご来室ください。当日でも空きがあれば占い鑑定可能ですので手相を見てもらいたい方はお電話かLINEでお申し込みいただき、ご来店ください。一度お越しの方も時間の経過とともに手相が変わることもあります。お気軽にお越しください。

 

主要線、丘、平原について