四柱推命

 

 四柱推命とは、古代中国で陰陽五行説をもとに生まれた人の命運を推察する占いです。

 

 陰陽説とは、この世の万物は陰と陽という互いに相反する性質に分けられるという思想。五行説とは万物は水金土木火の5つの要素で構成されているという思想で、これらの要素が互いに影響を与え合いながら変化するという考え方です。これらの要素は私たちのさまざまな運気に影響を与えています。

 

 四柱推命は過去、現在、未来を予見する運命学のひとつともいえます。人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。

 

 生まれた年、月、日、時刻を四つの柱に見立て、そこから十干(じゅっかん)と十二支(じゅうにし)を割り出し、宿命や性格、運命などを推測します。

 

 天中殺と呼ばれる12年に1度必ず訪れる不運の2年間も割り出すことができます。

 

 占い師・埼玉の父があなたの運勢を四柱推命で占います。